要するに嫌韓=2ちゃんねらーということでいいんだな、他毎日騒動のついて

http://news.nicovideo.jp/watch/nw2820913

【あなたの意見は?】ネットが韓国を嫌う理由「2ちゃんねるのせい」「韓国政府が悪い」



「なぜネットは「韓国」を嫌う意見が多いの?あなたはどっち?」をテーマに元2ちゃんねる管理人の西村博之さん(以下ひろゆき)と雑談配信者のまろんさん、石川典行さん、野田草履さんが語ります。

 野田さんの、「元々の原因を辿っていけば2ちゃんねるだと思う」という指摘にひろゆきさんはどう応えたのでしょうか。

原因は韓国政府の姿勢

ひろゆき:
 韓国政府とか韓国人とかそれぞれ考え方が違って、国を好き嫌いとか単純に分けるのってすごい難しいと思います。「群馬県好き?嫌い?」とかって聞かれてもさ、対象として考えるのは違うんじゃないかなーと思うんですけど。

石川:
 僕は好きになる理由がないかなと思います。インターネットで本当かどうか分からないような情報が沢山出ていると思いますし、僕もそうですけどネットの情報を鵜呑みにして好きになったり嫌いになったりということはありますが、やっぱり韓国は国の上に立つ人間が日本を名指しして嫌いだという、そのような国と仲良くなれる気はしないし、好きになる訳がないです。

ひろゆき:
 それは韓国政府が嫌いだってこと?

石川:
 そうですね。

ひろゆき:
 韓国で育った韓国の人であれば韓国政府の教育を受けてるけど、純粋に日本で育って、日本の教育を受けた韓国人でも韓国人って枠にはいるの?

石川:
 それはまた違いますね。

ひろゆき:
 じゃあ韓国の教育を受けた韓国人が駄目なんだ。

石川:
 ストレートに言うと日本の悪口を言う韓国人が嫌いなだけです。

ひろゆき:
 日本の悪口いってるアメリカ人もいっぱいいるよ?

石川:
 でも特に韓国って理由を作って言ってくるじゃないですか。政治の問題もそうですけど、国内の問題で焦点をずらすように日本が悪いとか。別に日本からちょっかいを出してるわけじゃないのに、韓国からちょっかい出してくるようなケースがいっぱいあるじゃないですか。

ひろゆき:
 でも韓国の人達は日本に占領されたって思ってるわけじゃん。

石川:
 思いこんでるだけですね。

ひろゆき:
 実際占領したんだけどさ。それは日本が先じゃん。

石川:
 でも日本は賠償済んだじゃないですか。それなのに戦争を経験していない、我々もそうですけど、韓国の人が未だに言ってくるんですよ。

ひろゆき:
 でも広島の人達だってオバマ大統領が謝るべきだってずっと言ってたじゃん。あれ日本は戦争の賠償済んでるけど、謝れって言ってるのおかしいんじゃないの。

石川:
 一部の人ですよね。

ひろゆき:
 韓国も一部の人だよね。

石川:
 たしかにネットの情報とか一部の人ってどこにもいると思うんですけど、それが一国のトップが言うのと、一部の人が言うのでは違うって言ってるんですよ。朴槿恵元大統領が「加害者と被害者の歴史的立場は千年経っても変わらない」(放送中は「日本は千年恨む」と発言)って言ったじゃないですか。安倍総理がそんなこと言わないじゃないですか。影響力を持った人が言うのか言わないのかはすごい違いだと思うんです。

ひろゆき:
 あー......わかった。

嫌韓の原因は2ちゃんねる?

野田:
 元々の原因を辿っていけば2ちゃんねるだと思うんですよ。当時高校生だったんですけど、「2002年日韓ワールドカップで韓国が不正した」って話が出たことがあったんですよ。あれって2ちゃんねるとかネット上で話題になってたんですけどマスコミが一切報道しなかったんですよ。だから「マスコミと韓国が繋がっていて都合が悪いんだ」となって2ちゃんねるで一気に広がったんですよ。だからもとを正せばひろゆきさんが悪いんですよ。

まろん:
 なんだってー!

野田:
 だから2002年あたり、それ以前はネット自体も無かったし、韓国人のことをそんなに悪く言う人達ってそんなにいなかったと思うんですよ。

ひろゆき:
 じゃあ、ここは「インターネットが悪い」にしようか(笑)。

野田:
 一番の問題はマスコミが韓国に気を遣って報道しないんですよ。「マスコミが言わないから俺達がタブーをついてやる」みたいな感じで、ネット上で過剰に韓国が叩かれるようになったんですよね。その流れが続いてる感じだと思います。

ひろゆき:
 一理ある。言い返せない(笑)。

野田:
 当時、俺もずーと色んな人の悪口を書いてましたよ。「TBSは韓国と裏で繋がっている」とか色んなスレッドにコピペして、アカウント停止されたらプロキシーを変えてまたやって。

ひろゆき:
 (悪いのは)お前じゃねえかよ(笑)。

石川:
 あれやりすぎると家にメール来ますからね。俺も色んな所にうんこのアスキーアートとか書いてたんですけど、インターネットの契約が親父だったんで、親父のもとにこんな分厚い書類が届いて、親父が「お前2ちゃんねるで何やってんだー!」って(笑)。

一同:
 (笑)

野田:
 いやだから、その時にちゃんと規制してくれていたら、俺も改心してたんですよ。

ひろゆき:
 いや、プロバイダーに苦情が行くっていう規制をしてたわけじゃん(笑)。

野田:
 でも俺はその規制をプロキシーを変えて常に乗り越えて行っていたんですよ、日課のように(笑)。そういうのを2ちゃんねるの管理人のひろゆきさんみたいな人が「そういうことをする人はクズだ」って注意するべきだったんですよ。その時ちゃんと取り締まってればこんなに韓国嫌いな人増えなかったですよ。

ひろゆき:
 そうですよね(笑)。



「一人がしたことでは決してすまされない」。これは反2ちゃんねる勢たちがいつも口にしていた言葉である。それは韓国を忌み嫌うネット右翼も、同じイデオロギーを持っている。しかし、自分たちが少しでも攻撃されると、「2ちゃんねるにもいいところはある」といいたて、必死に2ちゃんねるを擁護する(中には例外もいる)。

 なぜここまで2ちゃんねるで韓国が嫌われるのかは、この人たちの対談通りだ。しかし、それがいい「顧客」になるであろうと思った運営が、「ちゃんと取り締ま」るはずがなく、むしろ扇動工作をしていたのは間違いない。

 むしろなぜここまで2ちゃんねるで右派が蔓延していたのかというと、毎日変態騒動、いや、それ以前までさかのぼる。

 それを結論づけたのが、あの「毎日変態騒動」だった。2007年新春に毎日新聞は2ちゃんねるを避難した記事を投稿した。私は今でも、この変態騒動に関しては、その報復だったのかもしれないと考えている。そして、2ちゃんねるの産んだ結果が、ヘイトスピーチへとつながっていったわけである。


 以前私はこの文章を投稿したことがあるが、要するに、当時「死ぬ死ぬ詐欺」とほざき絶大なキャンペーンを展開していた金蔓、がんだるふ氏を毎日新聞は非難した。2ちゃんねるに泥を塗られた運営が黙っていられるわけがない。
 そしてようやく報復のチャンスを得た2ちゃんねらーは、オフ会で鍛えられた持ち前の結束力と行動力と言語力(?)で、従来の右翼派とは一線を越えた活動を成し遂げてしまっただけだ。当時の毎日変態騒動と名乗るこのビッグウェーブは、瞬く間に2ちゃんねるにおける「社会活動」を急進させ、次のターゲットを前々から攻撃の対象としていた隣国「韓国」に変えたのだった。

 ヘイトスピーチというものは、汚い言葉で「なれ合」っていた行為を、そのままリアルに持ち出したのも、もとはといえば2ちゃんねるが原因だったと、私から言わせていただく。

 最後に、あるゲームキャラと、敵だったある一人との会話で〆。

[ルフレ]
「でも君の恐怖政治は…あまりにも強引過ぎた。隣国を恐喝したり…あれじゃあ、野盗の横暴と変わらないじゃないか。」
[ギャンレル]
「んなこた言われなくたってわかってんだよ!オレが正しかったなんて言うつもりはねえ!だが、オレは馬鹿野郎だからよ…ほかに方法なんて思いつかねえ。ちっ…なんでお前にこんな話してやがんだ、くそっ…」

スポンサーサイト

2ちゃんねるの常識が日本を動かしてしまったらおしまいだ

 ヘイトスピーチは日本人の愛国心を高めてくれる最高の行動である。ヘイトスピーチこそ日本の民度の高さの源泉であり、日本の素晴らしい文化なのだ。しかし大阪市はそんなヘイトスピーチを悪とみなし弾圧をしてくるのだ。それだけに実名公表は許されない。実名公表は人権擁護と真っ向から対立するからだ。

 そもそもなぜヘイトスピーチが堂々とできるのか?それは匿名でできるからだ。もしも実名が明かされたら反日左翼からの攻撃にびくびくしなければならない。だから匿名の方が愛国心を発揮できる。我々愛国者が少年法の撤廃を望んでいるのもまったく同じ理由である。大阪市はそんな愛国者の安心を排除しようとしている。だから重大な人権侵害なのだ。



http://anti2ch.blog61.fc2.com/blog-entry-106.html#more

このような事件を目にしても、
ネット珍走族たちはまた「一部の人だ」などまたと言うでしょう。


しかし、このように社会にまで異常な価値観を持ち出す人間が、
ネット珍走族の中から湧き出てきているのは紛れもない事実です。

 同様の事件や犯罪予告などが、
 「MIXIから起こっていますか?」
 「Yahoo掲示板から起こっていますか?」
 「THEBBSで起こっていますか?」

「なぜいつも、2ちゃんねるだけそんなことが起こるのでしょうか?」

明らかに原因は、
2ちゃんねるにそのような異常者を排出する"土壌"があるからなのです。




「嫌なら見なければいい」も定番の屁理屈ですが、
見ていなくても異常者を社会に送り込むのです。

それも2chを見なければ回避できるのでしょうか?

それとも、また被害者の「自己責任」なのでしょうか?




また、「そんなヤツは2ちゃんねるでも嫌われている」とでも言うのでしょうが、

「嫌われてそれで?」
「書き込み禁止措置などはしたの?」という感じです。

またこの加害者も違う名前で、
別人として2ちゃんねるに参加できるじゃないですか。
今も2ちゃんねる内にいると見て間違いないでしょう。

そもそも、2ちゃんねる運営陣にとっては、
話題性を振りまく"最も望ましい2ちゃんねらー"。
書込み禁止なんてしないでしょう。

「2ちゃんねるの暴露話」や「被害者の批判」、
「2ちゃんねるで都合の悪い話題(統一教会ネタなど)」などは、
「荒らし行為」として、
ものすごい迅速に、大慌てで書き込み禁止にるくせに、
社会への害を与える人間は基本的に放置ですか?



「2ちゃんねる批判者」と「犯罪者」、
どちらのほうが罪は重いのでしょうか?
ネット珍走族はそんなことも分かりませんか?



 日本が完全に2ちゃんねるに汚染されたも同然である。

子供は親のおもちゃだと勘違いしているようだが

親元から引き離され児童相談所に拉致された子供たちは、この大阪市長 吉村洋文(下写真)のようなキチガイ クズ(政治家)によって【コチラ参照:吉村大阪市長 男性カップルを里親認定】、変態ホモ夫婦どものところに預けられ蹂躙されることになっていきます。こいつらこそ死刑にすべき連中!



…とほざくのは、子供は親のおもちゃだと思いこみ、都合のいいイデオロギーをまき散らす毒親のたわごとである。

「2chにもいいやつはいる」とかいう屁理屈を言うお仲間さんにもいってやんなさい

 何と言う俳優か全然知らないが、朝鮮人俳優が京都の飲食店をグルメ・ツアーしている動画の最中、「いじゃかや(居酒屋)ですか?」と立ち寄ろうとした店の店員から「うちはファッキン・コリアやねん」「ゴー・アウト!」といって追い返されたという。

 この問題(?)の動画がインターネット・ニュースで「日本の民度を物語る」として問題視されていた。

 率直に言って動画を視聴した印象では、店員と言うよりも偶然カウンターに座っていた客が言ったように思えるし、差別的な発言をしたとされる側が店の暖簾で巧みに顔を隠されているのも「仕込み」っぽく思えてしまう。

 敢えてこうした動画をニュースとして配信することで、日本社会が差別的…閉鎖的との印象操作をするための「演出」だったのではないだろうか?

 このやり取りの後、「あ~! ちゃんねんだ(残念だ)!」と言って朝鮮語で何かをまくし立てた朝鮮人俳優がこの上なく気味悪い。この気味の悪さは左翼・共産主義者や『しばき隊』、統一協会や創価学会のカルト信者にも共通する。

 一連のやり取りが「ヘイトだ」「大問題だ」としてネット・ニュースで配信されていたが、ファッキン・コリアどころか「ファッキン・チョン糞!」で返したい。これが率直な感想だ。

 動画の最中、朝鮮人俳優は「喧嘩しようと思ったけど耐えたよ。警察沙汰になるのが嫌だから耐えたけど、ああいう人がいるから韓国に日本嫌いがいるってことを言ってやりたくても、日本語が分からないから何も言えなかった」旨を解説していたそうだ。

 それにしても「ああいう人がいるから韓国に日本嫌いがいる」とは言ってくれるものだ。誰も日本を好きになってくれとは頼んでいない。嫌いになってくれて大いに結構。全然構わない。南朝鮮(韓国)との友好とは絶対に不可欠なのだろうか? 誰がそんなことを決めたのか? 朝鮮人でしかない。だから一方的な友好など必要ない。

 「ああいう人がいるから韓国に日本嫌いがいる」とは何とも一方的で独善的な言い方だが、一連のニュースでこの部分を最も言いたかったのではないか?



 ネット右翼によって、日本の村社会がますます浮き彫りにされてしまうといったケース。2013年からインターネットは村社会と言われており、これでは韓国人にもいいやつがいるといわれても、はじき返されるのがオチだ。
 問題なのは、この村社会の中に2ちゃんねるにもいいやつはいるという奴はその中にごまんといることだ。つまり、自分たちが自分たちと同じことをさせられても、口が達者な奴はまずこの言葉を口にする。しかし、2ちゃんねるから真実を知ったとかいう輩もいるだろうし、やっていることが2ちゃんねるの攻撃行為と同じではないか。
 まぁ、一番の救いは彼は2ちゃんねる討伐に炎を燃やしていること。それだけしか今のところ取柄はない。

あいつもまともなことを「たまには」言うもんだな

 「東日本大震災が東北で起きて良かった」という暴言を吐いて更迭された今村雅弘前復興相。後任の復興相からも「東北の被災地にとっては許すことのできない発言だ」と批判される始末である。それだけの暴言をしておきながら自分は全く萬台だと思っていなかったのだから呆れてしまう。まさにバカの中のバカであろう。いくら野党のスパイだったとはいえ、こんなのを囲い込んだ自民党にも間違いなく非はあると言わざるを得ない。

 自民党は責任を取るべきだ。すでに安倍首相も自らの責任を認めている。とはいえ安倍首相が辞めるのは本末転倒だろう。それよりももっと責任を取って議員辞職する人物がいる。そう、今村が所属していた二階派のドン・二階俊博だ。二階派の議員が立て続けに問題を起こしているのだ。



 「東北でよかった」と地元民ではない人たちが復興相をやってしまったからこうなってしまった残念なケース。結局他人事だったのだ。
 しかし、こうなったのはもともと幹部がごり押しをして地元の人を採用せず、どうでもいい人を採用してしまったからそうなったのではないか?
 まぁ、自民党も責任をとれと言っている以上、あいつにもある意味良心的なものは残っているのかもしれない。いい資料として残しておく。
プロフィール

節信

Author:節信
 前のブログに続き、ニュースの話題を取り上げられたらなぁと思います。他のブログさんからネタを拾うかも?

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR